スタッフブログ

ニコンからフルサイズミラーレスカメラが発表 (2018年8月30日)

ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」を正式発表より。

以前からずっと噂になっていたニコンのミラーレスが発表されましたが、1週間ほどたちいろいろ情報がでてきました。

まず、ずっとFマウントを貫いていたニコンですが、Zという新しいマウントが発表されました。

いままでのマウントではできることが限られるのかもしれませんが、ずっとニコンを使ってきた身としては、ちょっと残念でもあり。

バッテリーがもたないという話はミラーレス全般にいわれることですが、ニコンの場合一眼のバッテリーのもちがものすごくよいので、一眼からミラーレスに移った方には驚くポイントかも知れません。

40万近い値段なのもすごいですが、その価格帯でSDカードが1枚しか入らないというのに残念がっている方も多いようです。どうしても失敗の許されない仕事目的の方は、バックアップのために2スロットほしいですもんね。

D850がどの記事見ても絶賛の声ばかりですが、今回のミラーレスはかなり厳しい様子。

今回もマウントの仕様をオープンにしないと記者会見で話していたようですが、そうするとまたシグマなどから評判のよいマウントなど発売されない可能性も高く、ますますニコンユーザーが離れていってしまうような気がします。canonなど他社から評判のいいマウントが発売されていて、うらやましくて仕方ないんですよね。

ニコンユーザーとしては結構心配になります。

いまの時代、オープンとクローズどちらがもとめられているかというとオープンの流れなのに、ニコンは逆行しているような気がします。

触ってきました「ニコン Z 7」

によると、ピンポイントAFというまだ未確認の機能があるようで、発売されてからいろいろ情報がでてくるとまた評判もかわってくるのかもしれません。

少し先ですが、年末商戦では話題の商品になるとおもうので、まずはそれを楽しみに待ちたいと思います。

 

お客様の声