スタッフブログ

遭難時にスマホでしておくこと (2018年5月31日)

先日、お父さんと息子さんが遭難してしまった事故、とても残念な結果になってしまいました。

惜しむらくは、最初のときにスマホがつながっていたということ。

つながった時点でGoogleMapで今いる場所を長押しすると、その位置情報(緯度経度)が表示されるので、それをショートメールなどで送るだけでもかなり違っていたのではないか、というツイッターの記事が話題になっています。

 

知っておいて損はない。遭難してスマホが通じてた場合にやっておいた方がいいこと

 

実際さきほどわたしも試してみました。

まちなかの住所があるところは住所が表示されました。

それで、長野の山奥まで移動して住所のないところを長押ししてみたところ、緯度経度が表示されました。

どこからかけてきたのかという情報が初期の段階でわかっていれば、捜索するときも移動距離が読めるので見つけられる確率が格段にあがります。

現代のサバイバル情報として、みなさんに知っておいていただきたい情報でした。

 

お客様の声