スタッフブログ

睡眠には寝る時の姿勢が大切という話 (2018年4月2日)

 

今日から新年度がはじまりました。

新しい環境になれていないとなかなか寝付けないということもあるかとおもいます。

 

寝るときの「姿勢」を意識するだけで、慢性的な症状は改善できるかも

 

の記事に、睡眠の質は寝る時の姿勢で改善できるという内容が紹介されていました。

 

  • 腰痛のとき
  • 肩こりがひどいとき
  • 鼻水や鼻炎で困ったとき
  • 頭痛に悩まされるとき
  • つらい生理痛のとき
  • 高血圧のとき
  • お腹が痛いとき
  • 首が痛いとき
  • 胸やけがするとき

 

の9つが紹介されていますが、わたしが今一番試したいのは鼻水や鼻炎で困ったときですね。

先週から特に花粉症がひどくなり、原因はもしかするとスギじゃなくヒノキかもしれません。。

 

タビラボさんの記事によると、鼻炎や鼻づまりのときは頭を高くして寝ると効果があるそうです。

タオルや枕を追加して高さを調節して、鼻水を鼻の奥にたまらないようにするのだそうで。

最初はもしかするといつもと高さが変わるので違和感感じるかもしれませんが、鼻がつまって夜目がさめてしまうような方は簡単にできるのでおすすめです。

最近は1日1錠できく花粉症の薬がでてきてますが、たまたま昨日友だちと話していたら、そういった花粉症の薬って眠くなるのが多いのであえて寝る前に飲むとちょうど朝には効果がでていて寝付きもいいのでおすすめ、とアドバイスいただきました。

花粉症と睡眠不足の一石二鳥、使えるかもしれませんね。

 

お客様の声