スタッフブログ

カメラと写真のワールドプレミアショーが本日まで (2018年3月4日)

 

カメラと写真のワールドプレミアショーが、横浜のパシフィコ横浜で開催されています。

 

CP+2018 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」

 

今日は最終日ということですが、木、金といってきました。

CP+と略してよくいっていたのですが、カメラ(camera)と写真(photo)でCPなんですね。

展示ブースの大きさやレイアウトがいまのカメラ業界の勢力図を表しているかのようで、入ってすぐにadobeやシグマ、また一番奥にはニコンやキャノン、sonyといった大手が並んでいるレイアウトになっていました。

また、各ブースにモデルの方がいて、デモ用のカメラでそのモデルさんを撮影できるような仕組みが多くありました。

動いているものを得意とするメーカーにはダンスしているところを撮れるようダンサーが踊っているとか、各ブースとも特色がありおもしろかったです。

セミナー形式のプレゼンも毎日開催されていて、基本的な使い方やそのカメラを使って本まで書かれている方の解説などがありました。

パシフィコ横浜会議センターではプロ向けの講習会が行われていましたが、最近は一眼レフで動画を撮る内容が多くなってきており、またミラーレスがだんだんと主流になってきている流れなどの案内がありました。

各メーカーのプロが対応しているので、普段カメラで悩んでいるようなことを即答されている場面を何度も見かけました。人気の展示会だというのを実感しました。

撮影したい場面も多かったのと、メーカーによってはクリーニングサービスなどを行っているところもあり、次行くときは自分のカメラも持っていこうと思いました。

お客様の声