スタッフブログ

金属製の水筒で食中毒 (2017年10月9日)

いつまでも保温してくれる金属製の水筒、便利ですよね。

先日登山に行ったときも、ひとり魔法瓶にお湯を入れてきた方がいましたが、こちらがガス缶とコンロを用意している間にその方はインスタントラーメンにお湯を入れてくつろいでました。

山でガス缶をつかってお湯を温めたりするのが醍醐味、とおもってはいますが、あの手軽さはうらやましいです!。先日は温かい日だったのでよかったですが、寒い日だとお湯を温めている間に身体がひえきってしまうこともあるんですよね。

金属製の水筒ですが、東京都福祉保健局のサイトによると、酸味の強いものや塩分の強いものは水筒の金属部分が溶け出す可能性があるそうです。

 

内側に傷がついた水筒による事例

 

サイトによると、水筒に使われている銅が液体に溶け出して、中毒を起こしたとのこと。

味噌汁などを入れていくというのはあまり少ないかもしれませんが、スポーツ飲料はかなりの方がされているのではないでしょうか。

でも、汗をかくシーズンはスポーツ飲料も捨てがたいですし、難しいですね。

こういったこともある、というのを頭におきながら、例えば水筒の中を注意して洗う、洗い終わったあとに水筒の中をみてへんな色の液体がたまっていないか確認するなど確認することが大切なのかもしれません。

 

モデルハウス・現場見学について

不動産情報

スタッフブログ

ニュースレター

相談無料住まいの個別相談会

主な営業エリア
千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,瀬戸市,春日井市,東海市,大府市,尾張旭市,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,愛知郡,東郷町,長久手町,豊山町,西春日井郡,春日町,海部郡,七宝町,甚目寺町,大治町,蟹江町,飛島村,豊田市

お客様の声

スタッフ募集