三世代同居の補助について

sansetai
 

人口減少の対策として、三世代同居が取り上げられています。

女性の活躍を支援する政策としても注目されています。

 

3世代同居、なぜ推進?

 

によると、同居世帯のほうが出生率が高いとのことです。

子育てを手伝ってもらえる安心感や、仕事にでていける環境が整いやすいということもあるかと思います。
また、帰りが遅くなっても三世代同居ですと家にだれかがいてくれる状況だと、安心して仕事もできます。

また、祖父母の「孫消費」にかける費用も増えるというデータがでていて、消費も増える、子育ても手伝ってもらえるといったメリットが注目されています。

そういった現状から、国は支援制度の検討をはじめています。

2015年度補正予算では、地域型住宅グリーン化事業という三世代同居支援がはじまりました。

該当するのは、キッチン、浴室、トイレまたは玄関のうち、いずれか2つ以上が複数ある場合、補助の対象になります。

また、三世代同居加算地域材加算(構造などに地域材を使う場合)の20万円をあわせて最大150万円の補助が受けられます。

 


ゼロエネルギー住宅
では、1戸あたり165万円+50万円で最大で215万円の補助が受けられます。

2016年度当初予算案として、ゼロ・エネ住宅関連補助金110億円が発表されています。

また、経済産業省 資源エネルギー庁のサイトなどにもアップされています。

平成28年度「省エネルギー対策導入促進事業費補助金(省エネルギー相談地域プラットフォーム構築事業)」に係るプラットフォーム事業者の公募開始について(お知らせ)

平成28年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)一般公募について

 

また、相続税対策にも有利です。

相続税の特例での要件が緩和されました。

相続税には、宅地の評価額を最大80%減額できる「小規模宅地等の特例」があります。
親と子がそれぞれ別に住んでいる場合は親の敷地だけがこの特例の対象となりますが、三世代同居(二世帯)住宅なら敷地全体に特例が適用されます。

16年度の三世代同居・ゼロ・エネルギー住宅の補助事業についてはちかじか正式に内容の発表があるかと思いますので、情報がそろい次第更新予定です。

child


気になることやご質問などございましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。

ご希望の内容
ご相談内容
例)こだわりの部分、
間取り、狭小地など
お名前
フリガナ
土地の有無
ご住所
お電話番号【必須】
メールアドレス【必須】

個人情報保護方針について

上記個人情報保護方針の内容に同意する

このページのトップへ↑

モデルハウス・現場見学について

不動産情報

スタッフブログ

ニュースレター

相談無料住まいの個別相談会

主な営業エリア
千種区,東区,北区,西区,中村区,中区,昭和区,瑞穂区,熱田区,中川区,港区,南区,守山区,緑区,名東区,天白区,瀬戸市,春日井市,東海市,大府市,尾張旭市,豊明市,日進市,清須市,北名古屋市,愛知郡,東郷町,長久手町,豊山町,西春日井郡,春日町,海部郡,七宝町,甚目寺町,大治町,蟹江町,飛島村,豊田市

お客様の声

スタッフ募集